読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キオクノオト

ノートに綴るように。記憶をたどるように。わたしの”好き”に共感してくれるものがひとつでもあったなら、幸せ。

ありがたくないおもちかえり

日常

富良野からえらいもん持ち帰ってしまったって話ですが、要は虫系なので苦手な方は読まないほうが吉。きれいな写真もないし。
↓平気な方は続きをどうぞ。

 持ち帰ったとか虫とかいう話で、山歩きなんかされる方はだいたい予想がついてるのではないかと思うのですが…、ええ、マダニです。

マダニ連れて帰っちゃいました。

 

5月15日

富良野の早朝野鳥撮影から帰って家についたのがお昼前。
お昼を食べていて、ふとかゆいなと思ってかいたら、あら、これは。
見なくても感触でわかるよ。同じ場所は2回目だし。
それでも一応確認すると、マダニに刺されてました。
一応、他にも刺された場所がないかチェックしてから服をパンパンほろったら、ジーンズからマダニの死骸が。多分服の中で潰されたんだと思う。
お前も潰れればよかったのに…と、肌に食いついて暴れるマダニを見ながら思う。
よく、山歩きのあとはシャワー&着たものの洗濯!なんていうけれど。このマダニ、1/4日でわたしの体に食いついたのよね。洗濯とかシャワーとか、一日山歩いたりしていたら全然間に合わないよね。無理よね。

5月15日は休日だったため、市立病院に電話をしてマダニにされれた話をしたところ、救急外来で見てくれるというので行ってきました。
マダニを見るのは初めてという麻酔科の先生でしたが、上手にピンセットでとってくれました。
「マダニの口がとれなくて皮膚に残ったりしたら切開です」って言われていてビビったけど大丈夫だった。

1日分の抗生物質出してくれて、マダニのことはわからないので、翌日皮膚科に受診してくださいと言われて帰宅。
マダニに刺されるのは実は3回目。
1回目は子供の頃、父の山仕事にくっついていってつけてきた。
2回めは大人になってからだけど、やはり両親と山菜採りに行ってくっつけてきた。
救急外来の若い先生、マダニは見たことがないって。都会っ子はそうなのか。
それにしても。マダニをつけてきたのはどこなのか…。通ったのは公園や林道や散策路。一応、笹を刈られている場所で、わたし、笹薮を漕いだりしたわけではない…。笹薮がずいぶん細い通路にはみ出してはいたけれど。

 

救急外来で処方された薬、こーーーんなでっかい袋に入ってましたが、抗生物質が4錠なので…薬に対して、薬の袋、でっかいなー。

 

 

5月16日

翌日皮膚科にかかるように救急で言われていたので、受診したら、先生にものすごく珍しいことのように言われました。
なにがって、救急外来でのピンセットで一発マダニ取り。
皮膚科の先生が言うにはまあ、マダニは普通がっつり食いついていて口まで取るのは難しいから、普通は初めから麻酔かけて皮膚ごととっちゃうんですって。
えええ…。
マダニが食いついてすぐだったので取れたのかもという話だった。一応傷跡チェックしてマダニは残ってないですねという確認だけされました。

 

しかし、長かった。初診とはいえ待ち時間90分。会計まで終わったら2時間だったし。疲れたわー。こんなに混んでたの月曜のせいかな。
抗生物質を追加で2週間分処方されました。やっぱりマダニは感染症が怖いからかな。

などとのんびり考えていたのですが。

 

5月25日

マダニに刺されて10日後。

原因不明の微熱(7度2分〜8度)とだるさと頭痛でパジャマのままゴロゴロ状態。
ゴールデンカムイ読んで、ゴロゴロして、ポワロ見て、お昼食べて、ゴロゴロして、三方六食べてゴロゴロ…。

 

5月28日

謎の微熱が続いて4日目。
8度まで上がることはなくなったけど、7度前後をウロウロ。
熱以外の症状が全く無い。でも、扁桃腺はちょっと腫れてるかも。なので心因性のものではなくて体に炎症が起きてるのは間違いない。
ただ、安静に過ごす日々…。

 

5月30日

1週間も微熱が続いているのであきらめて病院へ行ってみました。
ここ数日は日中平熱で夜に微熱が出るパターン。
同じ市立病院の内科へ行き、皮膚科にかかった顛末も説明。
血液検査と問診の結果、おそらく4〜5日前にウイルス性の感染症にかかり熱が出ていたけど、今は熱も下がってきて治りかけの状態ですって。熱が再び出るようなら再診ということで何も出ず帰宅…。
血液検査も炎症が起きているような数値は出てないということで。

この微熱でちゃんと食べてるのに体重が2キロも落ちたので変な病気じゃなくてよかったと胸をなでおろしているところ。
横になってばかりで筋肉が落ちたり、熱で脂肪が解けたりしたのかなと。

でも、血液検査は簡易なものだったので本当に大丈夫だったのかとあとから夫や友だちに聞かれましたが、とりあえず大丈夫なようです…。

 

マダニの感染症、重症だと死亡するケースもあるので、よくよく気をつけるように夫から言われちゃいました。しかし、「鳥のいるところにはマダニあり」だよな〜。野鳥が媒介していると思うし。マダニが入り込まないようにベルクロテープとか巻いたらいいのかな。でも、頭刺される人もいるよ。耳とか。