キオクノオト

ノートに綴るように。記憶をたどるように。わたしの”好き”に共感してくれるものがひとつでもあったなら、幸せ。

白鳥さん

2016.3.22 撮影

f:id:kuroandy:20160322143013j:plain

昨日、川って書いたけど川じゃなかった。沼だった。

白鳥とマガンかな。

 

f:id:kuroandy:20160322142853j:plain

だいたいこちら側にいる白鳥たちは警戒心が強い。

警戒心が弱い白鳥はどこにいるのかというと。

 

f:id:kuroandy:20160322144107j:plain

沼の反対側に。一応、公園なのかな。駐車場が整備されていて、車をとめると早速駐車場係…じゃなかった、白鳥さんが1羽トコトコやってきました。

 

f:id:kuroandy:20160322144112j:plain

顔が赤っぽい茶色いなのは鉄分の多い土や水に触れることで染まってしまうからだそうだ。

田んぼの雪解け水に顔を突っ込んで落穂探ししているのも関係するのかな。

 

f:id:kuroandy:20160322144114j:plain

「なんかちょうだい!」

 

あげられません。

 

f:id:kuroandy:20160322144120j:plain

こちらは去年生まれの白鳥かな。頭にグレーが残ってる。

 

f:id:kuroandy:20160322144140j:plain

はじめに見た子より、さらに茶色い。

しかし、白鳥に青空は似合う。

 

f:id:kuroandy:20160322144135j:plain

2016.3.22 撮影