読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キオクノオト

ノートに綴るように。記憶をたどるように。わたしの”好き”に共感してくれるものがひとつでもあったなら、幸せ。

蟻さんのこととか…3

蟻との戦い8日目、8月7日。

 

義母の葬儀が終わり家に帰ってきた。
蟻はやっぱりそのままいた。

留守にしていたので若干増えてる。

クロスケは蟻を完全スルー。

(クロスケの餌やりはPETLYで。これすごくいいです。重いので簡単に倒れないし、一日4回までの給餌時間と5g量単位での設定が出来る。それに他の猫グッズみたいにファンシーじゃなくてシンプルなデザイン)

さて、蟻の侵入経路がわからないまま、数もそんなに多くないということで、オットもムスメも蟻を完全スルー。
布団に入ってきたり、噛み付いたり、猫の餌にたかることもないので(蟻がたかるようなものはクロスケがたかるので絶対そのへんに置かないし)、まあその辺蟻が歩いててもいいやと思い始めたらしいです。

なんて順応力。この親にしてこの子あり。

 

というわけでワタシ一人で戦い。

以前入り込まれたので鍋類もすぐしまうようにして、浄水器の下には入り込めないようにして、台布巾も置きっぱなしにしておくと下でくつろぐから、すぐに干したりとか…。

 

クロスケがいるのでアリの巣コロリを置くのもためらわれ。

(鉄板でクロが食べようとする)

 

蟻との戦い12日目。8月11日

もはや蟻と同居状態だった我が家ですが、この日、ついに進展がありました。

起床とともに蟻の様子を見るのがこの頃の日課なのですが、この日の蟻達はいつになく活発な動き方で(今までは、ただウロウロしていてどこへ行きたいのかよく分からない感じだった)、一直線に歩いてる。トムとジェリーに出てくる蟻そのまま。
ストーブ前から台所へたどり、昨日食べたメロンの皮を入れたゴミ入れにたくさん群がっていました。
メロン、甘くていい匂いがするもんね。
いつもより明らかに数が多く、せかせか歩いているので、これは侵入口を発見できるかも!と、蟻をたどる。ストーブ前からオットの部屋へ。部屋の隅っこを 通って部屋をぐるりと進んでいるよう。ものを動かしながら確認すると窓の下が一番怪しい。じっくり観察して蟻の出入りしている場所を発見。テープで塞ぐ。
外壁のコーキングにひび割れがあり、そこからも蟻が出入りしているので、そこも塞ぐ。二重窓の間の木材の隙間からも出入りしているのが確認できたのでそこも塞ぐ。
やっぱりある程度の数が入ってこないとどこから出入りしているのか確認できないものだ。
今日見た場所は今までに何度も確認しているけど出入りしているようには見えなかった場所だもの。家の中にめぼしい食べ物がなくて仲間の匂いだけでやってくるから数も少なくて侵入口が特定できなかったのかも。

家中青い仮止めテープですっかり電波系の家みたいになっちゃったよ。
もう入ってこないとは言えないので(別ルートを開拓するかもしれないしね)、あちこち貼ったテープはがせないしー。

蟻の侵入口を塞いでから、朝の支度して片付けて洗濯して郵便局と買い物行って帰ってきたら、もう蟻の姿はなかった。別のルートでまた来るかも?
とりあえず、アリの巣コロリを買ってきて出入りしていた場所2箇所のテープを剥がしてそこへ置いた。
でも、蟻の姿はない。

そしてそれきりだった。
ながーーーい、蟻との戦いが終わったのでした。

3回も続いてしまった。

読んでくださってありがとうございました。

 

*蟻騒動は去年の夏の話です。