キオクノオト

ノートに綴るように。記憶をたどるように。わたしの”好き”に共感してくれるものがひとつでもあったなら、幸せ。

カラスの巣

2016.5.1 撮影

f:id:kuroandy:20160501103055j:plain

こぶしの花の向こう側に見える白いのは山です。

すっかり春らしくなってきたけれど、山はまだまだ冬なのですね〜。

 

f:id:kuroandy:20160501103419j:plain

こぶしってなかなかちょうどいいときに撮れたことがないような。

こぶしとモクレンは似ているから、はじめはどっちがどっちかわからなかった。

 

f:id:kuroandy:20160501103532j:plain

ムスメが小さい時、この背中に乗って写真撮ったなー。

公園にオブジェのようにたたずんでいます。

 

f:id:kuroandy:20160501101601j:plain

ヒヨドリを眺めながら階段を歩いていると、

 

f:id:kuroandy:20160501112834j:plain

カラスが枝の高いところにとまっているのが見えました。ハシボソかな。

カラスらしくなく、おとなしくじっとしています。気配を消すかのように。

「カラスの教科書/松原始」に書いてあったとおり、静かにしているカラスの近くを見回してみると、カラスの巣がありました。

 

f:id:kuroandy:20160501103610j:plain

尻尾が見えてるのわかるかな?

抱卵中だと思います。

オスは近くで見守っているのだとか。

広い公園をじっくり歩いてみたら、高い木の上の方にいくつかのカラスの巣がありました。使われているらしいのは2つ確認。どちらもメスのしっぽがはみ出てました。それがまたちょこんとしてて可愛いのだけど。

 

カラスは結構、好きです。

「カラスの補習授業」も買ったのですが、まだ読めていません。

 

2016.5.1 撮影