キオクノオト

現在一年遅れの写真日記になっています。リアルタイム更新ではないため観光の参考にはならないと思います。ご注意ください。

外食で思うこと

オットと旭川で「オーバーフェンス」を見てきた。

すごくよかった。でも、原作のほうが話は好きだ。盛りすぎて違う人の話みたい…。

 

お昼は小野木で千鳥揚げ定食を食べたのだけど…ああ、お店のチョイス失敗。

美味しいお店だし、好きなんだけど、ここの鶏のからあげはぶつ切りで骨が入ったままなので、手の汚れる食べ物が嫌いなオットが不愉快そうに食べている(鶏も得意じゃない)ので、あーあと思ったが後の祭りさ。いつにもまして無言でしたね。

 

わたしが往復の運転(2時間)してお昼のお店も決めて連れて行ってあげて不機嫌になられるってどういうこと!?と、思ったりもしますが。だから、オットからどこのお店に行きたいか聞かれても困るんだよね。

じゃあ、イタリアンって言うとするじゃない。イタリアンって気分じゃないなとか言われるから、そのうちオットの行きたそうなお店(ラーメンなら鉄板)しか言わなくる。だったらオットが決めたらいいんじゃないの?わたしはどこへ連れて行かれてもこんなところ!とは言わないよ。

一度だけ、田舎の町で何の情報もなく、飲食店も2〜3件しかない中で、ここにしようとオットが決めたお店みて、「いや、このお店はちょっと…一人で食べてきて…わたしコンビニのおにぎりでいい」と思ったことはあったけど。入ったよ。文句は言ってないよ。食べたよ。油っぽいギトギトしたすっごくしょっぱいオムライスで全部は食べられなかったけど。

 

ごちゃごちゃ相手の不満ばっかり考えてもしょうがないので、どうしたらいいのか考えた。

そもそも、このお店へ行こうって相手が言ってくれるのを期待してるのが間違いなんだよね。多分、向こうも同じこと考えてるもの(笑)

なので、考えたのはふたつ。


①外食に行かない
②外食に行きたいときには具体的に店を決めて提案する→どこへ行くかで延々とループ化(あそこでもない、ここはこの間行ったとか、その店は気分じゃないとか)するので、「◯◯へ行こう」と。店名を決めちゃう。嫌なら向こうが別の店をあげてくるしそうでなければ「(まあ)いいよ」と言ってくれるので。カッコのまあが気になるけど。

どこがいいかとか二人でえんえん言ってるのとか時間の無駄無駄!!

初めからオットが食べられる店の名前を出してそこへ行く!そうじゃないお店は友だちと行く!これで解決なのだ。

今回の失敗は小野木へオットを連れて行くべきじゃなかったという事。
唐揚げの大好きなムスメと行くべきだった。という事。

 

で、旭川はあまりお店を知らないということもあるし、映画を見て買い物して家に帰っても、それから夕飯とか用意するの出かけたあとで疲れてるから面倒じゃん…(運転手はボクだし)。でも、作ってましたよ。これまでは。わたしだけが遊んで帰ってきて「いやー、作るのめんどーい」、なら、「ちょっと待て!」だけど、一緒に出かけてるんじゃん…。

 

これも帰ってから支度するのが面倒だったら、「帰りにコンビニで何か買おうぜ?」って言うことにする。
何も言わなくても向こうから「コンビニでいいよ」とか「インスタントでいいよ」っていう言葉を期待して20年たちますが、まあ、めったに聞かないので自分で言うことにしました。

向こうは向こうで言わなかったらこっちがなんとかすると思ってるんだから聞くわけがない。

(ただ、わたしが何かメニューを考えていたり材料が家にあるのかも?と言うことを考えて何も言わないというのもあるらしいのですが、それって、あなたの脳がなまけて自分に都合の良い選択をしているだけですからね!わたしがメニューを決めてご飯支度してないのは20年一緒にいたら気づいてるでしょう。全然威張れないけど)

お互いが依存体質って嫌ですねー。自立しようぜ!

 

ああ、変な告白みたいになった。