キオクノオト

ノートに綴るように。記憶をたどるように。わたしの”好き”に共感してくれるものがひとつでもあったなら、幸せ。

夕暮れに【4】

f:id:kuroandy:20150423184503j:plain

太陽が沈んでからのこのきれいな時間をマジックタイムアワーと言うのだとか。

空がピンクに染まって、沼にもその色が写り込んでいます。

確かに、特別なカメラの設定もソフトでの補正もまったく必要ない、素敵な時間です。

 

f:id:kuroandy:20150423184610j:plain

カメラマンたちが点景になっていて好きな景色。

 

f:id:kuroandy:20150423184657j:plain

あの場所からだとどんなふうに写るのかな。

今度はあちらから観察したいです。

 

f:id:kuroandy:20150423185034j:plain

駐車場からもパチリ。いいなぁ。

 

f:id:kuroandy:20150423185040j:plain

まだ、マガンがポツリポツリと帰ってきますが、わたしはもうタイムリミット。家まで1時間近くかかるので6時5分、荷物を片付けて家へ。

珍しくオットが7時過ぎに帰ってきていて(普段は8時過ぎ)、留守にしていた理由を話そうと思ったら、マガンを撮りに行ったんだってすぐ分かったと言われました。

ちょうど職場の人でもマガンのねぐら入りだのねぐら立ちだの見に行く人たちが話をしていたので、車がないのを見て、すぐにピンときたようで。

 

ははは。

 

逆に言えば、わたしは写真以外ではあんまり家を開けない、お家大好きっ子なのですよ。

 

2015.4.23 撮影